2019年 平成と令和の釣 

31年間という平成の時代が終わり、令和元年となり、私の釣も変化しつつも続いている。釣を楽しむ為に必要なものは、フィールド、魚、仲間であるが、私はその全てに恵まれた人間でるとつくづく思う。そもそも釣をする目的は何か、何をもって良しとする、満足するかは人それぞれであるけれど。それは自由に楽しむ為にだと、それを信じてやまない私がここにいる。平成元年の頃を振り返って考えてみると、ブラックバス釣りに明け暮れる少年時代を思い出す。そこから本流のトラウト、フライフィッシング、川スズキ、渓流、海のルアーフィッシング等、色々な時代の釣をしてきた。30年って過ぎてみればあっという間の出来事で、過去の記憶はさほど風化してはいない。あの時の興奮や熱の僅かな余韻は、まだ心の真ん中に残っている。ただ釣を取り巻く景色は、全く違うものに変わっていた。フィールド荒廃、少なくなった魚達、もう会えない仲間達。得たものと失ったもの。そのどちらが大きいのかはわからないでいる。時代は確かに変わった、この思いの全てを言葉にして即時に発信することができる。だからこうして綴り続けて行くのであろう。このブログを読んで頂いている仲間達へ伝えたい確かな事は、釣は楽しいという事。偉大なフィールドと強かな魚達、仲間の笑顔、それ以上の何があると云うのだ。平成の初めの頃は、釣の情報と云えば雑誌やプロショップなどからの限定的な情報か、釣り場で遭遇...

あの池は埋め立てられた

あの池にいるらしいぞ。  そんなタイトルで回顧録を綴ったことがある、今回はその池の最後の話だ。  夏も冬もルアーを投げ続けたあの池は突如、オイルフェンスが張られ、ポンプが設置されて、水を抜かれて、重機による埋め立てが始まった、そして今はもうその池は無い。二度とあの朝もやの中でルアーを投げることも無いのだ。

令和元年の釣

早いものでもう今年も師走を迎えた。全国各地とまでは、いかないが本流、渓流、湖、サーフと様々な釣をしてきた気がする。ひとつの平成という時代が終わり、令和が始まり、私の釣りの方向性が見えて来た。その方向性のひとつは、これまでに出会う事が出来た仲間とのセッションである。昔も今も、私は釣りを一人で覚えたのではなく、仲間から刺激を受けて試行錯誤と切磋琢磨して生まれた形であることに尽きる。この肉体に命宿る時間、仲間と共に喜びや驚きや悔しさを分かち合う時は限られた時間である。それは、なんて素晴らしい時間なのだろう。

釣を止める時は来るのか

あれほどに夢中になった釣も、何時か心が離れてしまう事はしかたない事だ。決着をつけるその時が来たとしたら終わらせる事が私にも出来るのだろうか?釣を止めてしまう人がいる。釣を止めることを考えた事も無くただひたすらに釣を続ける人がいる。私も色々な理由で釣から離れて行く人を沢山見てきた。同じように釣から抜けることも離れることもせず深みに嵌る人も大勢見てきた。さて、自分自身はどちらの人間になるのだろうか?その答えはその時が来るまでわからない。

15年後の魚野川

私の釣には魚野川から始まった釣がある。19歳の時に始めた本流ルアーフィッシングはこの越後が舞台だった。最後に訪れたのは30歳になって間もない頃。丁度この地方に大きな地震があった時だから15年以上前になる、そこから何も足さず引かずの経験と勘だけが頼りの釣である、当然簡単には釣れないとは思っていた。結論、本流の釣りは甘くない。シーズン中、毎週通ってポイントやシーズナルの魚の動きや、釣り方が把握出来て満足な釣りが仕上がるまでには最低3年は必要だと思う。たまたまラッキーというのは望めないものだという事を痛いほど知っている。

旧友とフライフィッシング 2019初夏

5月、私の関東勤務の時間はもう僅かかもしれないから最後に楽しい釣に行かないか?その誘いに二つ返事で答えてくれた旧友。別の友人から増水してからの平水に戻る直前でコンディションが良いと聞いていたので、今回は場所は栃木の某川に決めた。一度彼とは約25年前にルアーで釣りをした事がある川である、同時はお互い独身で朝早くから釣りをして瀬からヤマメが飛び出してきた記憶が鮮明に残っている。旧友との釣りは楽しかったあの時間がそのまま止まっている。四半世紀前、それがつい数年前の様に感じるから不思議だ。

管理釣場のフライフィッシング

 今からさかのぼる事、30年前。私のフライフィッシングは、栃木の管理釣場である加賀フィッシングエリアにて始まった。50ccの原付で深夜の利根大堰を渡り、明け方にはゲートが空くまで仲間と寒さに耐えた。その同時、ベテランのフライマンは漁師のようにシンキングラインを遠投してワン・キャスト ワン・フィッシュを繰り返していて、何時かはあんな風になりたいと思ったものだった。